「ぶっちゃけ、前田塾ってどうよ?」卒業生に聞く直撃インタビュー!

2016年11月に終了した
前田塾選抜コース18期の2人に
前田塾に対する、

ぶっちゃけトーク

を聞いてきました!

なので、謝礼を払って
「いい風に言って下さい!」とかしてませんし 笑
極力前田塾の素顔が皆さんにお届けできるように
心がけましたので、安心してお読みください 笑

なんで前田塾だったのか、
ぶっちゃけ面白い人はいたのか、
費用対効果、大学の授業と前田塾の違いなどを
ざっくばらんに話してもらいます。

18th

窪田有華さん
あだ名:ゆかやん
所属:一橋大学社会学部2年
出身:山梨県
武者修行生(2016春2ターム)
入塾前の自分の状況を分析すると?:
面白い人に会うのは大好き!
社会のことは何にも知らないのはヤバい
だけど、行動に関しては腰は重い。。
就活に関する危機感は強いほうだと思う。

田代太一さん
あだ名:たっしー
所属:東京大学大学院
新領域創成科学研究科修士課程2年
出身:長崎県
入塾前の自分の状況を分析すると?:
ゴリゴリの理系左脳派。交友関係は偏りがち。
ビジネス教養は皆無。B/S,P/Lって何?って状況。
楽しいこと好き!

ー 以下インタビュー
(たっしー:た
ゆかやん:ゆ) ー

18th2

 

Q.前田塾入塾のきっかけは?

た:来年社会人になるし、
その前に何かやりたい
と感じてたんだよね。
新しいことを始めたり、
欠けているとこを探したり。

そしたら、
友達が前田塾のFacebookページに
”いいね!”を押していて、
自分のタイムラインにも流れてきて
”これだ!”
と思って申し込んだ。」

ゆ:「色々ある中で何で前田塾を選んだの?」

た:「お金や時間の制約がある中で、
色々知ってる人から学んだ方が効率的だし、
グループでやりたいなと。
あと単純に他の選択肢を知らなかった。笑

ゆ:「私は大学の授業出てても
社会のこと何も知らないって感じてたから。

仮面浪人で同期より1年遅れてる
って感覚が強くて
1年生から就活を意識してた。

武者修行プログラムで前田塾を知って
ずっと行きたいと思ってたし、
前田塾で学ぶ内容の重要性はわかっていたけど、
”いつか行こう”ってなかなか踏み出せなかった。

半年経って、
友達が誘ってくれてやっと申し込んだ。

授業でも学べる内容かなと思ったけど
授業だと堕落しがちだし、
短期で真剣に学べて、
かつ面白い人が集まりそうでいいなって。
あと、前ちゃんの熱意にも惹かれた。笑」

18yh4

Q.全5回の講義を受けて得たもの

ゆ:「社会に対する全体像の入り口を学べたこと、
月並みでも新聞が読めるようになったこと
が何よりも良かった。

前田塾で学んだことが
日常で役立つのがすごく楽しい。

ただ、前田塾では勉強だけではなく、
人との基本的な向き合い方に関して、
前ちゃんがこだわってたことが印象的だった。

特に前ちゃんが言ってたのは

「人の名前は必ず出会ったときに覚えろ」

ってこと。

実際、サークルの後輩の名前をその場で覚えたら
とても慕ってくれて、
“名前を覚えることの重要性”を肌で感じた。」

た:「たしかに視野広がったねー。
ニュースの見方が変わったもん。
現場の声とか
前ちゃんは各々の専門家ではないけど、
だからこそ、社会人として必要か、不要かを
バッサリ切り分けてくれて、
何が最低限おさえていないといけないかが、
分かった。

そして俺は、交友関係が偏ってたから、
多様な価値観を持った人たちと
関われたのが大きいかな。

将来のことや悩み事を包み隠さず話せる、
今後も長く付き合いたい友達ができたのが
知識と同じくらい良かったなぁ。

知識つけるだけなら、
他でもいいんじゃないかな 笑

た:「ところで前田塾と大学の
講義の違いってなんだろう?」

ゆ:「大学の講義って、
授業は半年かけてゆっくり進めるし、
授業ごとに分野を深く学ぶ感じよね?

でも、私は単位を取ることがメインになって
身にならない勉強をしがちだった。

対して、前田塾は短期で集中して学べて、
経済・会計・ファイナンス・Excelとかを
総合的にやるからつながりを感じやすい
と思った。

周りの人もやる気あるから気も引き締まる。

勉強は自主的なものだと思ってるから、
内容そのものもそうだけど、
今後何を勉強すればいいか
が、わかったのはでかい。
ビジネス教養の地図を手に入れた感じ。

なので、前田塾では体系的な入り口を
ゲットできたって感じかな。」

た:「無知だったB/SとかP/Lとかに
馴染みができてとっかかりやすくなった。

前ちゃんも言ってた
“受けたことで満足したら意味ない”
って本当にそうだなと。

前田塾で学んだことを
授業や仕事に活かすのが
前田塾の本質じゃないかな。
使わなきゃ忘れるしね。」

18th13

Q.18期について

ゆ:「男子が多くて、
男子校ノリだった。笑
色んな人がいたけど
みんな優しくていい人達だった。」

た:「何気ない話から夢の話まで
幅広い話ができる人たち。
みんな軸があって、
意見をちゃんと言うから楽しかったのかも。
これからも年に1回は集まりたい!」

ゆ:「少なくない?笑」

た:「一生だよ?笑
おっさんになっても集まりたい。
前田塾では
ゴリゴリ知識や教養を身に着ける場だったから
将来は互いの専門分野を共有して、
はやく社会に貢献していきたい。」

ゆ:「いいね!笑
ビジネスパーソンとして成熟した時に
互いの事業を助け合えたり化学反応を起こして
世の中に価値を生み出したい。」

18%e6%9c%9f

Q.今、前田塾に入塾を検討している方々へ
メッセージは何かありますか?

た:「凝り固まった頭をほぐしてくれるので
特に理系の人にオススメしたい!
前田塾は人間関係と知識の”きっかけ”をくれます。
何かもやもやしてる人は行ってみて。
自分が知らないことを知れるんじゃないかな。」

ゆ:「多様な人達と出会えるので
郊外の大学の人や内にこもりがちな人
に強くオススメ
します!
どんな大学のどの学部にいても
すべては知れないほど
広い”社会”の何から学べばいいのか
を教えてくれる塾です。」

編集後記:
前田塾はビジネス教養そのもの以上に、
何を勉強すればいいかわかる地図を示してくれる
というコメントが印象的でした。

たった5回の講義で、深い話ができる
一生の友人ができたとたっしーが
言ってたことも驚きました。

経済学部や商学部が多いと思っていましたが、
意外と理系の人たちも少なくないようです。

入塾する人が必ずしも
鉄の遺志を持った
鉄人みたいな人たちばかりではない

ことが個人的には共感できました 笑