スタッフインタビューVol.5 ストイック系女子おこさん!


今年の4月にレゾナンスに入社された
小此木さんとはどんな人物なのか。

その人柄を探るべく、インタビュー記事恒例の
レゾナンスインターン生ゆーだいが直撃してきました!

おこさん

<基礎プロフィール>

本名:小此木 春香
あだ名:おこさん
出身:東京都
兄弟:2個上の兄 と 3つ下の弟 を持つ 真ん中っ子
仕事をやる上で大事にしていること:まず行動する

<経歴>

2013年
白百合女子大学文学部英語英文学科卒業

2012年〜2014年
ベンチャーアロマ雑貨の企画卸販売でアルバイト

2014年4月〜2017年3月
ベンチャーITアウトソーシング会社2社

2017年4月
レゾナンス社入社

ー以下インタビュー記事ー


 バイトで体得した、社会で必要な能力


おこさん1

 Q.学生時代の思い出は?

おこさん:
ひたすらバイトしてたよ。
掛け持ちしていて、1日11時間を週5とか(笑)。

人生初バイトはお惣菜屋さん。
母親が心配性だったからとても厳しくて、
高校生までは自分がやりたいと思うことを
やらせてもらえなかった。
だから、高校生までは
言われたことしかできないし、
主体性もなかった。

初めてのバイトも
何をしたらいいかわからず、
すごく戸惑ったんだよね。
マニュアル通りの対応しかできないようじゃ、
このまま社会に出ても役に立たない
と危機感を感じた。

そんな自分を変えたくて、
仕事中から休憩中まで
周りをずっと観察して、技術を盗んだ。
気の配り方や効率的な仕事の進め方
を身につけられたと思う。

他には、
事務や電話対応とかの経験を積みたくて
テニススクールのフロントと
アロマ雑貨販売の会社でもバイトをしていたよ。

ゆーだい:
相当バイトに打ち込んでいたんですね(笑)
なぜそんなにバイトをしていたんですか?

おこさん:
母親がキャリアウーマンで、
ずっと「かっこいいな」
と憧れていたのが大きいかな。

あと、働いた分、
稼げるのが純粋に楽しくて嬉しかった。
周囲からパフォーマンスを褒められることで、
自分が必要とされているのもすごく嬉しかった。

バイトでの経験が今にとても活きてる。


自己成長しながらも、レゾナンスに新しい価値観を提供したい


 おこさん2

Q.レゾナンス入社のきっかけ

おこさん:
えりさんとの共通の知人に
レゾナンスを紹介してもらったのが
レゾナンスを知ったきっかけ。

初めは取引先の一つだったのに、
いま一緒に働いていることが本当に不思議(笑)

前職の会社も企業理念や社員への想いは
レゾナンス社にとても似ていて、
すごく自由に、裁量持って働かせてもらってた。
だけど、仕事内容自体は
2社前の会社と同じで、
それ以上の自分の成長に限界を感じていて、
すごくもどかしくて転職を決意した。

もっといろんなことにチャレンジしたい!
と思ったんだよね。

ゆーだい:
なぜ他社ではなく、
レゾナンスだったんですか?

おこさん:
レゾナンスを選んだ理由は、相性の良さかな。

前田さんが口だけでなく
本当に社員想いな人だと感じたし、
谷さん や えりさんの働き方をみて
裁量を持って働けそうと感じたのも大きい。

あと、
レゾナンスメンバーとは
違ったキャリアを歩んできたから、
新しい風を吹かせたり、
貢献できる部分も多いと感じて、
一緒に働くことに決めました。

ーレゾナンスメンバーの印象ー

おこさんレゾ

Q.前田さん (前田さんについて)

15608524_1692103770815439_1870268986_o

おこさん:
Win-Win関係を築くのが、
とても上手いと思う。

当たり前のようだけど、
実はすごく難しいことだと思っていて、
今までいろんな人と会ってきたけど、
前田さんほど上手くできる人は見たことがない。

常にみんなが幸せになれる方法を考えていて、
とても尊敬してる。

あとは、無邪気で温かい人だなって思う。

人との繋がりをとても大切にしていると思うし、
人から愛される人だなと思う。
ホームパーティを大学生の頃から今まで
継続してできているのが何よりの証拠。

年齢や経歴など関係なく幅広く好かれる、
人脈の幅の広さがすごい。

Q.えりさん (えりさんについて)

%e3%81%88%e3%82%8a

おこさん:
すごい明るい人って印象。

感覚で動くタイプなようで、
実は誰よりもレゾナンス社のことを考えている。
何か企画するときに、
”それはレゾナンスにとって本当に良いことなのか”
とか客観的な視点も持ち合わせてるなと思うよ。

Q.谷さん (谷さんについて)

%e8%b0%b7%ef%bc%93

おこさん:
一見、人に無関心そうで
実は人への興味関心が高く、
内に秘めたる情熱を持っている人かな。

最初は、すごく淡々としているから、
クールで世の中のことや人への関心が
ないんだろうな という印象を持っていた。
だけど、たくさん質問してくれたり、
深堀りしてくれて
とても人に興味がある人なんだなと知った。

誰よりも表情と内面にギャップがあった人。

Q. ともこさん (ともこさんについて)

%e3%81%a8%e3%82%82%e3%81%93

おこさん:
ともこさんは、頼りになるお姉さんって感じ。
困ったら、とりあえずともこさんに頼りたい。

ともこさんは、
実は、同じお惣菜屋で働いていたという共通点が!
働いていた時期はかぶっていなかったんだけど、
すごいご縁だな、と思う。

お酒好きらしいし、
一番仲良くなれそうだと思ってます!

Q.おこさん自身はどんな人か?

おこさん:
周りが引くくらいフットワークが軽い(笑)
飲み会は帰宅途中でも誘われたら全部行く!

よく言われるのは冷静そうに見えて情熱的。
恩はしっかり返したいんだよね。

ただ、
20代前半は求められたことに
120%で返していたけど、
最近は体力的にもキツいし、
完璧を求め過ぎると周りにも厳しくなるから
少し力を抜くようにしている。
その方が実際パフォーマンスが良かったりするんだよね。

割とストイックな性格かも。

ゆーだい:
ストイックでしょうね(笑)

好き嫌いや得意不得意はどうですか?

おこさん:
自分の知らない世界を知っている人が好き。
ちょっとマニアックで面倒臭いぐらいがちょうどいい(笑)

マルチタスクタイプなので
嫌いな仕事はあまりないんだけど、退屈は嫌い。

得意で、好きなのは1→10にすること。
苦手なのは0→1で何かを生み出すこと。


18歳までのもどかしさをバネに、今をストイックに駆け抜ける


おこさん3

 Q.人生のこだわり

おこさん:
大学生までは親にあれこれ抑制されて
何もできなかった過去があるから、
後悔しないよう行動することをすごく意識してる。

やらないで後悔するぐらいなら、
やってから後悔するほうがいい。

大学生活での価値観の変化
が人生のターニングポイント。

私の人生は18から始まったと思ってる。
10代にしかできないことは沢山あるけど、
20代にしかできないことも沢山あるから、
今のうちにやりたいことは全部やり尽くしたい。

できないことがあるなら、
できるようになるまでやればいい。

「本当に満足するところまでやったのか?」
って今でもたまに自分に問いかけます。