6年目の零細会社経営者の感想


最近、会社のメンバー全員が
お給料以上の仕事が出来るようになりました。

これは僕にとって極めて印象的な
ターニングポイントとなりました。

仕事内容を変え入社してくれた彼らにとって、
レゾナンスの仕事は全く未知の経験だらけ。

ゆえに全く最初は、
お給料を超えるパフォーマンスなど出せるはずもありません。

そもそも最初から仕事が出来る人などいませんしね。
そして、仕事なんてすぐ出来るようにならない。

しかし経営者によっては、彼らを必要以上に叱責し、
現実的に厳しい時間スパンで、早期にお給料に見合う働きをするよう、
促す動きをする方もいるのかもしれません。

けど、つらいのは、経営者だけではない。

そして誰しも最初から給料泥棒したいって思ってる人はいません。

彼らだって辛いはずです。

なので、

「経営者がお給料を払ってるけど、
メンバーがお給料以上の仕事が出来ない日々」

をどうメンバーと一緒に過ごすか

この過ごし方こそ、
経営者として大事なんじゃないかって
思うようになりました。

そもそも、
最初からお給料以上の働きが出来る人だけ雇う
やり方もあります。

けど、それはそういう方の取り合いになるし、
その方が居続ける理由の醸成も難しい。
そもそも零細企業にそういう方が
来てくれること自体難しい。

だから、僕は
お給料以上の仕事が出来ない、
共につらい日々を、
どうメンバーと寄り添って共に過ごすかを
意識して過ごしてきました。

人間だから、
焦りも迷いも不安も出ます。
仕事の適性がないと自分を卑下し、
職を変えたくなるときもあります。

けど、耳を傾け、歩みを見守り、
失敗を許容し、学びを促進することが
とても大事なんだな、と僕は感じました。

そして1年半経ち、彼らはお給料以上の仕事が
出来るようになりました。

この喜びといったら、半端じゃない。

彼らが試行錯誤しつつも、逃げずに
歯をくいしばって頑張ってくれたおかげで、
依頼も増え、売上も伸び、
無駄を減らすことで、利益も増え、
お給料をあげることも出来ました。

結果、組織の持続力が増し、お客さんへ価値を届け続けられ、
更にノウハウも貯まり、売上があがる。

こういう循環がレゾナンスにようやくできた気がします。
苦節6年です 笑
小学校卒業くらいのレベルですね。

まだ6年だし、小さな規模ですが、
自分なりに試行錯誤しながら経営に携わり、
いろんな失敗を繰り返しまくって、

気づけたことは

「従業員、一緒に働いてくれる人たちを
如何に大事にし、彼らの幸せこそ追求すること」

です。

従業員を大事にすることは、
お客さんを大事にすることに繋がります。
だってお客さんに価値を届けるのは従業員だから。

※ちなみに稲盛和夫氏は、JALを再生するときに、
「JALは従業員の物心の幸福を追求する会社」
とこの一点に絞ったそうです。

結果、レゾナンス社全体の売上も利益も
前年比で20%成長ペースで伸びつつ、
自分も好きな仕事に関わり続けられてます。

組織をつくるときに、
自分の取り分を減らすくらい、彼らにお給料を
多めに払い、かつ権限を委譲することも、大事なことだと学びました。

自分の利益より、まずメンバーの利益。
ローマ帝国が1,000年続いた秘訣のひとつらしいです。