加賀利くん

加賀利航平さん
近畿大学理工学部機械工学科3年


 「脱受け身!真剣に進路に向き合うと決めた」


それまでファイナンスや会計など
さっぱりわからなくて、
社会に出てから必要だとは聞いてました。
けど、
「いつかわかるときが来るんだろう」
と受け身で、自分から知ろう
とした事はありませんでした。

しかし、自分の将来を真剣に考えていく中で

企業で働く人が、何を目的に
何をしているのか、わからん自分が
将来の事なんか決めらんねえよ!

と思いました。

自ら理解を深めると決め、
前田塾合宿に参加することにしました。


 「本気にならざるを得なかった3日間」


正直、楽ではなかったです。

とにかく凄い量だし、
本気で取り組まないと追いつきません。

本来ゆっくり時間をかけて、
少なくとも半年くらいかけて行う分量を
たった3日間に凝縮しているので
当然と言えば当然ですが。

ただ参加者はみんなそれを理解して
本気で取り組んでいるので、
みんな本気でした。

そして何よりも、

お互い助け合いながら、理解を深めあうことは
しんどい以上に有難く、楽しかった

です。

世の中や企業内での物やお金が流れる仕組み、
企業の各部門の役割と仕組みを
網羅的に学ぶことで

企業の行動様式や背後にある理屈を
本質から理解することができました。

これは社会のことを何も知らなかった
自分にとってとても大きなことでした。

加えて、
ExcelとPowerPoint業務超効率化テクニック。
これは、知っているかどうかだけで
かなり差がつく知識だと思います。

そして、合宿の最後にチーム対抗の
合宿で学んだ内容総まとめテスト
が設定されてるため、逃げられない 笑

そのため、
一人一人が責任感を持って理解を深め
本気で取り組むという環境
で学ぶことができたと思います。

第一回前田塾合宿_170407_0040

徹底的にお互いに教えあった結果、僕のチームは優勝できました!


 「今後は合宿で得た社会人の視点で企業を正確に分析」


普通に学生生活を送っていては

到底学べないようなことを学ぶことができました。
就活はもちろん、人生のあらゆるところで
今回学んだ知識は活きてくると思います。

合宿で得た知識により、

企業を正確に理解する手がかりが増えました。

今後、社会に出ると様々な企業と
関わるようになると思います。

そのときに合宿で習得した視点から企業を見ることで
より深く企業を理解することができると思います。


 「本気で仲間と勉強したい人は前田塾合宿!」


3日間、仲間たちと本気で何かをする機会って

大学生になると少ないと思います。

参加者のほぼ全員と初対面でしたが、
3日後にはみんなと仲良くなっていて、
今後復習会をするのが楽しみです。

将来の為のスキルが本気で学べる。
ともに頑張った仲間ができる。
前田塾はそんな場所だと思いました。